山口線




JR西日本全線完乗達成




山口線


山口線(やまぐちせん)は、山口県山口市の新山口駅から島根県益田市の益田駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(地方交通線)である。鐵郎にとってJR西日本乗りつぶし最後の路線となった。この区間はSLやまぐち号が走っている。SLやまぐち号は歴史のあるSL運行路線でSLが完全撤廃となってすぐSL動態保存運転を開始した。


SLやまぐち号(出典 Wikipedia)

正直、鐵郎はSLには興味があまりない。2015年10月の3連休で鐵郎最難関の山口4線(山口線、美祢線、小野田線、宇部線)をのりつぶすことを決定した。この4線の乗りつぶしを達成するために短時間の効率的な乗りつぶしを要求された。思案したところ、美祢線、小野田線、宇部線と来て最後に山口線を乗り潰すこととなった。今回、美祢線を経て山陰本線から萩を経由して益田まで行く予定だったが、山陰本線のダイヤがあまりにも過疎だったため断念して、山口線も美祢線も終点まで行って折り返すことにした。
 



2015年10月12日:新山口 9:12 →山口 9:35 651D 普通列車
宇部線に乗りつぶして、いよいよJR西日本最後の路線、山口線となった。まずは山口までのキハ40系に乗車することとなった。新山口→山口はダイヤとしては乗客も多く過密ダイヤで三両編成であった。

キハ40系はこのように前面展望が悪い。運転手が邪魔になるし、真ん中はワンマンの料金箱が邪魔をしている。


新山口駅 (山口行 651Dキハ 40系 タラコ色) 運転手の頭が邪魔ですが、仕方ないですね。

 
車内の状況
 

周防下郷駅 新山口を出発して左カーブを回るとすぐの駅 上郷駅 
 


大歳駅 列車交換 


湯田温泉駅 SL用の駅名標 逆書きだが、ローマ字はさすがに順書き

 


山口駅 



山口駅 



 



2015年10月12日:新山口 9:46 →山口 11:50: 2539D 普通列車 1両編成