美祢線








美祢線

美祢線(みねせん)は、山口県山陽小野田市の厚狭駅から山口県長門市の長門市駅に至る西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道路線(幹線)である。
美祢線はJR西日本の最後に乗り残した山口4線(山口線、美祢線、小野田線、宇部線)の1線である。2015年10月に「秋の乗り放題パス」とLCCのを利用して成田空港からJETSTARで福岡へ行き、普通列車で博多から厚狭(あさ)まで乗り継いで来た。厚狭駅についたが列車発車までまだ余裕があるので厚狭駅を探索した。

(厚狭駅)
はじめて降りた。新幹線の駅なのに周りにはほとんど商店らしいものはなく、ようやく見つけたのはローソン。
 
民家の町名表示を撮影              そのローソン
  


YouTube美祢線



2015年10月11日:厚狭 13:25 →長門市 14:30 列車番号 731D 

キハ120系 NHK大河ドラマ「花燃ゆ」ラッピング列車  

「花燃ゆ」ラッピング列車 幕末ISHIN号


 

厚狭駅から北上すると鴨庄信号場がある。かつては石灰貨物列車が行き違いしていた。


湯ノ峠(ゆのとう)駅。峠(とうげ)を「とう」と呼ぶのはこの駅と山陰本線の「梅ヶ峠」
(うめがとう)がある。山口県独特の呼び方だと思う。


 


厚保(あつ)駅


四郎ケ原駅




南大嶺駅 3本線となっている。



かつてここから大嶺まで支線がでていた。その跡が左の草むらである


美祢駅


  

 



温泉街が見える。湯本温泉街が近づくと長門湯本駅
 

山陰本線が近づいてくると長門市駅終点である。2007年に山陰本線乗りつぶし以来きた。その時はみすゞ潮彩号に乗車して、一旦仙崎まで行って長門市へ戻ってきて、そのまま下関まで乗車した。
 

長門市到着。今日はこのまま、同じ列車で厚狭まで戻る。



長門市駅の車両基地。まるで鉄道模型のパノラマみたい。