吉都線







吉都線 


(路線プロフィール) 
吉都線(きっとせん)は、鹿児島県姶良郡湧水町の吉松駅から宮崎県都城市の都城駅に至る九州旅客鉄道(JR九州)の鉄道路線(地方交通線)である。肥薩線八代駅 - 吉松駅間と合わせて「えびの高原線」の愛称が付けられている。。

吉都線に乗車したのは2009年10月である。鹿児島の隼人から肥薩線に乗車し、吉松まで来てそこから吉都線に乗車した。とにかく霧島高原の名前だけに吉松〜えびのまでは「霧」がかかっていた。

吉都線の乗りつぶしワンポイント
都城から乗って隼人まで行ってそのまま肥薩線の乗りつぶしをする方が効果的です。



2009年10月12日:吉松 6:53: → 都城 14:30 列車番号 2922D キハ47系   


 



吉都線は霧、霧、霧 鶴丸駅


京町温泉駅



えびの駅 霧が若干晴れてきた








車内はガラガラ


かなり霧が晴れてきた



小林駅、車掌の一服。


行き違え






高原駅(たかはる) 霧島岳がそびえる






まんがつか駅(変わった駅名)






都城到着

吉都線の乗りつぶしワンポイント
1.都城から乗って隼人まで行ってそのまま肥薩線の乗りつぶしをする方が効果的です。
2.吉都線は霧島高原北部を通るため秋、冬の季節の朝はご覧のとおり霧が発生しやすいです。

吉都線 YouTube動画(平成鐵郎)