スマホ決済、お店のキャッスレスのNo.1は

お店のキャッシュレス 徹底比較

お店のキャッシュレス

日本は正直、スマホ決済がかなり遅れている。大手スーパー、コンビニ、チェーンストアでは当たり前である。しかし一番肝心なのは町のお店のキャッシュレス(スマホ決済)の普及である。ピラミッドでいうとこの町のお店(八百屋さん、果物やさん、食堂、ビストロ、ベーカリーショップ)は比率的にも大きい。だからこの町のお店のキャッシュレス(スマホ決済)の普及が全体の普及のカギを握っている

はじめに

ポイント還元やスマホ決済の登場により、店舗に対するキャッシュレス決済ニーズが日々高まっています。 ところがいざお店にキャッシュレス決済を導入しようとしても、サービスの種類があまりにも多様で自分のお店に適したキャッシュレス決済がどれなのかわからず今一歩踏み込めない事業者の方も多いのではないでしょうか。

そこで、キャッシュレス決済導入時に知っておくべきポイントと導入のメリット・デメリットなどをわかりやすくまとめました。


キャッシュレスの種類

キャッシュレス決済は主に3種類に分けることができます。それぞれの利用方法やポイントを比較しましょう。

 

1.クレジットカード決済

日本で一番普及しているキャッシュレスです。

 

カード本体の磁気や埋め込まれたICチップを専用端末で読み取り、暗証番号かサインによる本人確認を経て決済を完了する決済方法です。
カードの種類によってカードユーザーの支払いタイミングが異なり、クレジットカードは後日払い、デビッドカードやプリペイドカードは銀行預金残高やチャージ残高からリアルタイムに引き落としされる仕組みです。

 

店舗側はどのカードでも決済時に売上として計上されるため、カードによって入金タイミングや操作方法が異なることはありません。
海外やオンラインでも利用できる点や、公共料金の引き落としにも利用できるなどの利便性から、日本の人口に対するカードの保有率は8割以上と言われています。
また決済上限額が比較的高く、分割支払いも可能なことから、高額決済に使われやすいのも特徴です。

 

メリット
・お客様 今当座のお金がなくても高額な買い物ができるという点です。
・店側 現金主義からある程度手持ちのない人も

 

デメリット
・お客様 審査があるので誰もつかえないということである程度収入がある人が使えます。
・店側  クレジットカードに関しては高額な手数料(5%程度)がかかります。

 

 

2.ICカード(電子マネー)決済

カードやスマホに埋め込んだICチップを決済用端末に近づけ、近距離無線通信(NFC)を利用して決済を完了する非接触型IC決済とも呼ばれています。ユーザはタッチしますが非接触なので浮かしても読み取ることが可能です。

 

カードタイプとスマホタイプがあり、カードタイプは「Suica」や「楽天Edy」「WAON」「nanaco」「iD」など、スマホタイプは「ApplePay」や「GooglePay」があります。
またカードタイプは、発行元によって交通系ICや流通系ICなどとも分類されています。

 

メリット
・お客様クレジットカードと違い原則審査不要。
・専用端末にカードやスマホをかざすだけという決済方法でいたって簡単
・交通系カードが普及しておりほとんどの人が持っているのでクレジットカードに次いで汎用性が高い

 

デメリット
・カード型はキャッシュレスといっても現金をチャージする必要があるため、結局ATMにならなばなければいけない
・スマホタイプはスマホ機種を限定されるため、旧式のスマホでは一部使えいない場合がある(iPhone6以下)
・カードのチャージ金額は交通系ICカードは2万円、また他では5万円といった上限がある。

 

3.スマホ決済

スマホのQRやバーコードを介して決済を行う決済方法で、店舗が提示するQRを消費者がスマホで読み取る「店舗掲示型(ストアスキャン)」と、消費者がスマホにQRを表示させて店舗が読み取る「顧客提示型(ユーザースキャン)」の2種類あります。
「Pay Pay」「楽天Pay」「LINE Pay」「au Pay」など、QR決済は多くの会社が参入したことでその種類も豊富に存在します。
消費者はスマホがあれば利用開始でき、各社が打ち出しているお得なキャンペーン特典を受けられることから人気が高まっています。
一方でクレジットカードと比べるとまだ利用できる店舗が少ないことや、セキュリティに不安がある、使い方を覚えられないなどの理由から利用に踏み切れない消費者も多いようです。

 

スマホ決済の種類

 

メリット
・お客様クレジットカードと違い原則審査不要。
・専用端末にカードやスマホをかざすだけという決済方法でいたって簡単
・銀行口座と直結してチャージができるのでATMへ行く必要がない

 

デメリット
・通信エラーなどがおこったり通信機器故障やサーバパンクでつかえないことがある。
・入会操作が複雑なので
・入会の際に個人情報が流出する可能性がある。入会を拒否されても個人情報は行きっぱなしとなる。


キャッシュレス決済を導入する際のコスト

キャッシュレス決済をお店に導入する場合、スマホ・タブレットを読み取り端末を接続して決済する「スマホ決済(モバイル決済)」が人気です。
手続きも簡単で導入費用も比較的安価なスマホ決済ですが、導入する場合は、「スマホ決済会社(決済代行会社)に支払う費用」と「店舗側が準備するもの」があります。
それぞれの費用をしっかりと把握した上で、導入を検討しましょう。
一般的にスマホ決済会社に支払う費用

 

 

1.初期費用:0円 これはどこでも謳っております。
スマホ決済を提供する会社では契約時に支払う費用(初期費用、契約料)が無料なところが多く、契約のみで費用が発生することはないと思って大丈夫です
PayPayやLINE PAY参照→ スマホ決済の種類

 

2.決済用端末代金:0円?xx万円
キャッシュレス決済を行うにはカード決済用端末が必要です。
端末価格は会社によって異なりますが、通常は1台あたり約2万?4万円程度の費用がかかります。ただし最近は端末代が無料や割引になるキャンペーンを実施している会社が増えています。期間限定などもあるので注意してください。

 

3.決済手数料:3.3%?3.74%(1決済あたり)
キャッシュレス決済を利用する場合、1決済ごとに決済手数料が発生します。このコストはばかになりません。
決済手数料も会社によって異なりますが、決済金額の3.3%?3.74%前後(クレジットカードは5%近くもある)で設定している会社が多いです。3.74%の場合、10,000円の決済のうち374円が決済事業者に支払う手数料となります。
上記意外にも「月額最低手数料」や「トランザクション料」「入金明細発行手数料」など、各社でその他の費用を設定している場合もありますので、気になるスマホ決済会社があれば事前に問い合わせしてみましょう。

 

店舗側で準備・管理するもの
1.スマホ・タブレット端末(数万円?)
スマホ決済(モバイル決済)はスマホ・タブレットと決済用端末を接続して決済するため、店舗側でスマホ・タブレット端末を準備する必要があります。スマホ・タブレット端末の価格は機種によって異なりますが、スマホ決済会社によって対応端末が指定されているため、事前にどの端末が利用できるか確認しておきましょう。
2.通信費(月額:数千円?)
キャッシュレス決済はWIFI(ネット)を通じてデータ処理を行うため、プロバイダーとのインターネット回線の契約が必要です。通信キャリアと回線契約をするか、店舗にWi-Fi回線を設置する必要があります。
3.レシートプリンター(2万円?5万円)
キャッシュレス決済の場合はユーザーがアプリやウェブから利用明細を確認できるため、カード控えのレシート発行は必須ではありません。
ただしレシート発行が必要な場合は、専用のレシートプリンターを設置することで発行が可能です。なお会社ごとに対応しているプリンターが異なるため、プリンターの型番を確認した上で購入しましょう。


いろいろなキャッシュレスを一括できるサービス

最近では種々のキャッシュレスを一括で引き受ける端末がでてきております。

 

AirPAY(エアペイ)

 

オダギリジョーさんのCMでも有名なAirPAY(エアペイ)。とにかく対応している決済手段の豊富です。使える決済とおもって店に入って使えないといわれてやむなく現金を出すお客様のストレスは半端ないです。このAIrPayはこういったお客様のストレスをなくします。クレジットカード・電子マネー・QR決済など29種の決済手段に対応しています。また手数料はモバイル決済最安基準で税込み3.24%とお手頃です。競合と比べてもおすすめのサービスです。とにかく商機をかなり取り込めることは素晴らしいです

 

 


 


お店のキャッシュレスの種類

ポイント還元やスマホ決済の登場により、店舗に対するキャッシュレス決済ニーズが日々高まっています。 ところがいざお店にキャッシュレス決済を導入しようとしても、サービスの種類があまりにも多様で自分のお店に適したキャッシュレス決済がどれなのかわからず今一歩踏み込めない事業者の方も多いのではないでしょうか。
そこで、キャッシュレス決済導入時に知っておくべきポイントと導入のメリット・デメリットなどをわかりやすくまとめました。

更新履歴
トップへ戻る