こ    
乾燥肌にお悩みの人へ 








そもそもなぜ乾燥肌になるのか


乾燥肌を治療する前に、乾燥肌になる原因を調べる必要があります。結果にはかならず原因が伴います。まず、乾燥肌を科学的に追求します。自分の経験ですが、以下のようなことが考えられます。


























1.外的環境


1.エアコン

夏の暑い時や冬の寒い日は会社ではガンガンエアコンをかけます。お肌の保湿を奪い取る一番の犯人ですが、もちろん、寒い日や暑い日はエアコンなしではやっていけません。エアコンは実は乾燥肌をつくる主な原因なのです。



2.乾燥した天気




冬場は乾燥した天気が続きます。ひび割れや暑い時や冬の寒い日は会社ではガンガンエアコンをかけます。お肌の保湿を奪い取る一番の犯人ですが、もちろん、寒い日や暑い日はエアコンなしではやっていけません。エアコンは実は乾燥肌をつくる主な原因なのです。


2.ストレス

当然なのですが、会社勤めをしている以上はストレスはつきものです。ある程度のストレスは脳のアドレナリンが活発になっていいのですが、過剰なストレスは体に悪いことは周知の通りです。ストレスは直接、体の自律神経に影響します。お肌や体の器官は自律神経にて制御されております。ストレスは発散しなければなりません。



3.睡眠不足、栄養不足

冬は会社にいるときは、冷暖房で乾燥状態なの上、外へ出ても空気が乾燥。まさに肌にとってはつらいです。自分の手を見ればカサカサになっているので、顔の肌も乾燥していることがよくわかります。そんな状況では、会社の中でもストレスが溜まる上、睡眠不足などもあり、お肌には過酷な状況です。お肌や体の器官は自律神経にて制御されております。肌は内臓と同じ仕組みです。肌に問題があるということは内臓にも問題があるのです。そもそも私達の身体は脳の司令にて体内の循環、呼吸、消化などをことロールしているのです。これが自律神経の働きなのです。自律神経には交感神経、副交感神経からなり交感神経は日中に働き、身体に活力を与えてる副交感神経は夜に働きます。日中のダメージを修復し、明日の活力を与えます。そのためしっかりとした睡眠は重要です。また、バランスの良い食事、快便も肌にはとても大切です。




4.加齢

乾燥肌の一因として、加齢があります。でも加齢はどうすることもできません。加齢により、皮膚の保護機能は衰えていき乾燥肌になりやすいです。加齢により発汗や皮脂の分泌能力が年齢と共に落ちていくのです。女性の場合では30歳代から衰え始めると言われています。皮膚の表皮には角細胞間脂質(角質層)が順序良く並んでいます。角質の役割は水分の蒸発を防止して保湿されているしくみです。この角質層には通常30%以上の水分が含まれておりこの角質細胞間脂質には色々ありますが、一番重要なのがセラミドといわれているものです。角質層はこのセラミドによって水分を含んでいます。しかし、年を取ることにより角質の保護機能は衰えていきます。発汗や皮脂の分泌能力が年齢と共に落ちていくのです。新陳代謝や自律神経、ホルモンバランス等も年齢とともに衰えていきます。加齢による乾燥肌対策とは


5.お肌のメカニズムの知識の欠如

乾燥肌になる原因を追求するには化学的な要素の習得もあります。それらが欠如していてはいくらいい化粧水を利用しても、いくらいい食べ物を食べても、睡眠時間をながくとってもムダな努力になります。
肌のメカニズムを知ることは重要です。

お肌の構造は以下の通りです。




でも私は思います。

しかし、メカニズムにあまり神経質になる必要はありません。
それはずべてが対症療法となってしまうからです。対症療法はモグラたたきになります。Aを立てればBが欠如する。内部的、外部的な大きな要素を実行すれば自然にメカニズムがうまく回ります。だから敢えて私は最後に持ってきました。





※ 上記記事は管理人、和泉香寿子個人の意見です。 押していただければありがたいです。